アスベスト基礎知識

アスベスト調査・解体で後悔しない!優良業者の選び方!!

大切な家族を守るために、アスベスト調査・解体をお考えのあなた。「アスベスト調査・解体って、どこにお願いすればいいの?」「悪徳業者に騙されたくない!」と不安がいっぱいではないでしょうか。

この記事では、後悔しない優良業者選びの5つのポイントを詳しく解説し、具体的な事例も紹介します。

また、悪徳業者に騙されない方法など、安心・安全なアスベスト除去を実現するためのポイントや 大切な家族を守るための方法を解説しています。ぜひ参考にして優良業者を選んでくださいね。

大切な家族を守るためのアスベスト対策

アスベスト対策には法令遵守が不可欠です。

アスベストの危険性

アスベストは、かつて建材や工業製品などに広く使われていた鉱物繊維です。しかし、その後の研究で、アスベストを吸い込むと、深刻な健康被害を引き起こすことが明らかになりました。

アスベストが引き起こす病気は、潜伏期間が長く吸い込んでから20年以上経ってから発症することが多いため、症状が出る頃には手遅れになることもあります。

法令遵守の必要性

アスベストの飛散を防ぎ、健康被害を防ぐため、法令に基づいた調査・解体が重要です

法令遵守は、以下の理由から重要です。
⚫︎健康被害を防ぐ: アスベストの飛散を抑制し、健康被害を防ぐことができます。
⚫︎資産価値を守る: 将来的に建物を売却したり、賃貸に出したりする場合、法令遵守が求められます。
⚫︎法令違反によるリスクを回避する: 法令違反をした場合、罰則を受ける可能性があります。

[主な法令と内容]
⚫︎石綿障害予防規則: アスベストの飛散防止対策などを定めた規則
⚫︎労働安全衛生法: アスベスト作業における安全衛生対策などを定めた法律
⚫︎廃棄物処理法: アスベストを含む廃棄物の処理方法などを定めた法律

アスベスト調査・解体は、必ず資格を持った専門業者に依頼しましょう。

調査・解体の必要性

アスベストを含む建材や製品を放置すると、劣化によって繊維が飛散し、健康被害を引き起こす可能性があり、売却や賃貸時に査定が低くなる可能性があります。

調査・解体をすることで、それらのリスクは回避され、安心・安全な暮らしを実現することができます。

⚫︎アスベストの有無を明確にする: 調査によって、建材や製品にアスベストが含まれているかどうかを確認することができます。
⚫︎飛散防止対策: 適切な解体によって、アスベストの飛散を防ぎ、健康被害を防ぐことができます。
⚫︎建物の価値向上: アスベスト調査・解体を行い、安全性を証明することで、建物の価値を高めることができます。

アスベスト調査・解体は、将来への投資です適切な調査・解体によって、アスベストの脅威から大切な家族を守ることができます。

業者選びで安心・安全なアスベスト除去を実現

アスベスト除去を安全に遂行するためには、業者選びが大きな鍵を持ちます。

優良業者を選ぶための5つのポイント

安心・安全な調査・解体を実現するために、以下の5つのポイントを参考に優良業者を選びましょう。

1.資格・許可を確認する
⚫︎アスベスト作業主任者など、必要な資格・許可を持っていることを確認しましょう。
⚫︎資格・許可の確認方法は、各都道府県の担当窓口に問い合わせてください。

2.見積もりを複数取る
⚫︎複数の業者から見積もりを取ることで、料金やサービス内容を比較することができます。
⚫︎見積もり内容をしっかり確認し、不明点は必ず質問しましょう。

3.業者実績を確認する
⚫︎過去の施工事例を確認し、豊富な経験と実績がある業者を選びましょう。
⚫︎施工事例の内容だけでなく、お客様の声なども参考にしましょう。

4.担当者とのコミュニケーションを大切にする
⚫︎不安な点や疑問点は、遠慮なく担当者に質問しましょう。
⚫︎担当者とのコミュニケーションを通して、信頼できる業者かどうかを判断しましょう。

5.契約前に内容をしっかり確認する
⚫︎見積もり内容、作業内容、保証内容などをしっかり確認してから契約しましょう。
⚫︎契約書の内容は、よく理解してから署名・捺印しましょう。

[優良業者を選ぶための情報収集]
⚫︎インターネット上の口コミや評判を参考にする
⚫︎友人や知人から紹介してもらう
⚫︎各都道府県のアスベスト関連窓口に相談する

安心・安全な暮らしのために、慎重に業者を選びましょう。

具体的な事例の紹介

アスベスト調査・解体は、専門知識と技術が必要な重要な作業です。しかし、悪徳業者も存在するため業者選びには注意が必要です。

ここでは、実際にあった失敗事例と、後悔しない業者選びのポイントをご紹介します。

失敗事例1:見積もり内容をしっかり確認しなかった
⚫︎安い見積もりに飛びついてしまい、追加料金が発生した。
⚫︎見積もり内容に含まれていない作業があり、後で高額な請求を受けた。

失敗事例2:業者の実績を調べなかった
⚫︎経験不足の業者に依頼してしまい、作業に時間がかかった。
⚫︎適切な飛散防止対策がされず、健康被害のリスクが高まった。

失敗事例3:契約前に内容をしっかり確認しなかった
⚫︎契約書の内容をよく理解せずに署名・捺印してしまった。
⚫︎トラブルが発生した際に、泣き寝入りすることになった。

悪徳業者に騙されないためのポイント

以下では、悪徳業者に騙されないためのポイントを紹介します。

不当に安い料金・不透明な見積もり

アスベスト調査・解体は、専門知識と技術が必要な重要な作業です。しかし、悪徳業者の中には、不当に安い料金や不透明な見積もりで顧客を誘い、手抜き工事や追加料金請求などのトラブルを引き起こすことがあります。

ここでは、不当に安い料金・不透明な見積もりに潜む罠についてご紹介します。

⚫︎不当に安い料金の罠
適正な価格よりも安い料金には、理由があります。必要な作業を省略したり、質の悪い材料を使用したりする可能性があり、結果的に健康被害や建物の損傷などのリスクが高まります。

⚫︎不透明な見積もりの罠
見積もり内容が詳細に記載されていないと、後で追加料金を請求される可能性があります。また、曖昧な表現や項目が含まれている見積もりは注意が必要です。不明点は必ず質問し、納得してから契約しましょう。

安心・安全な調査・解体のために以下のことに注意が必要です。
⚫︎複数の業者から見積もりを取り、料金やサービス内容を比較しましょう。
⚫︎見積もり内容は詳細に確認し、不明点は必ず質問しましょう。
⚫︎契約前に内容をしっかり確認し、納得してから契約しましょう。

資格・許可の不備

アスベスト調査・解体は、人の健康と安全を守るために、法令で定められた資格・許可が必要な重要な作業です。しかし、資格・許可を持たない業者が違法に作業を行うケースがあり、深刻な事故やトラブルを引き起こす可能性があります。

ここでは資格・許可を持たない業者の危険性について解説します。
⚫︎安全対策が不十分: 適切な知識や技術がないため、アスベストの飛散を抑制できず、健康被害のリスクが高まります。
⚫︎法令違反によるリスク: 発覚した場合、業者だけでなく依頼主も罰則を受ける可能性があります。
⚫︎トラブル発生時の対応: 資格・許可がない業者は、トラブル発生時に責任を逃れる可能性が高いです。

安心・安全な調査・解体のためには、以下のことを確認しておきましょう。
⚫︎業者を選ぶ前に必ず「石綿作業主任者」資格の所有を確認しましょう。
⚫︎実績等を確認できるのであれば望ましいです。
⚫︎業者に資格・許可証の提示を求めましょう。

強引な勧誘

大切な家族を守るためのアスベスト調査・解体は、慎重な判断が必要な作業です。しかし、悪徳業者の中には、強引な勧誘で契約を迫ったり、不安をあおったりして、不必要な調査・解体を行わせるケースがあります。

ここでは、強引な勧誘に惑わされないための3つの心得をご紹介します。

1. すぐに契約しない
⚫︎調査・解体は、費用が高額になる場合があります。
⚫︎必ず複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。
⚫︎すぐに契約を迫ってくる業者は、注意が必要です。

2. 不安をあおるような説明に注意する
⚫︎アスベストは確かに危険な物質ですが、適切な対策をすれば安全に暮らすことができます。
⚫︎必要以上に不安をあおるような説明は、信頼できません。

3. 質問に答えてくれない業者はやめる
⚫︎不明点は遠慮なく質問しましょう。
⚫︎質問に答えてくれない業者はやめ、別の業者を探しましょう。

まとめ

大切な家族を守るためのアスベスト調査・解体は、慎重な判断が必要な作業です。しかし、悪徳業者も存在するため、業者選びには注意が必要です。

優良業者を選ぶポイントとして「 資格・許可を確認する」「見積もりを複数取る」「業者実績を確認する」「担当者とのコミュニケーションを大切にする」「契約前に内容をしっかり確認する」などしましょう。

また、見積もり内容、作業内容、保証内容などをしっかり確認し、契約書の内容をよく理解してから署名・捺印し、安心・安全な暮らしのために、慎重に業者を選びましょう。