アスベスト基礎知識

アスベストは有害?発症する病気や危険なケースについて解説

アスベスト(石綿)は、人体に有害であるため現在は原則として製造や使用が禁止されています。人体への危険性から、アスベストが含まれる建築物や工作物の解体・改修については国が定められた方法で行わなければいけません。

しかし、アスベストはなぜ人体に有害なのか知らない人も多いのではないでしょうか。 今回は、アスベストが人体に有害な理由やアスベストが要因となって引き起こる病気について解説します。アスベストの危険性やリスクについて理解を深めてください。

アスベストが人体に有害な理由

アスベスト(石綿)が人の体に吸入されると、アスベスト特有の疾病にかかる恐れがあります。アスベストの繊維は人の髪の毛よりも非常に細く肉眼では見ることができません。また、熱や摩擦・酸・アルカリにも強く丈夫といった特性があります。

空気中に浮遊したアスベストを吸うと、その一部は異物として痰と一緒に体外へ排出されますが、体外に排出されなかったアスベスト繊維は肺胞にたまり付着します。体内に長くとどまったアスベスト繊維が要因となってアスベスト特有の疾病になる可能性があります。

アスベストによる人体への影響

アスベストの繊維を吸入することで、引き起こる病気は長い月日をかけて発症することが多いです。ここでは、アスベストを吸入することで引き起こす可能性がある病気について解説します。

石綿肺

石綿肺(アスベスト症)は、アスベストを大量に吸入すると肺が線維化する病気の「じん肺」の1つ。肺の線維化が起こる要因は石綿の他に、粉塵や薬品など多くの原因がありますが石綿が原因で引き起こった線維化を「石綿肺」と呼んでいます。

石綿肺は、アスベストを大量に長期間扱っていた労働者に引き起こることが多いです。 石綿肺は、発症するまでの潜伏期間が15年〜20年といわれています。1970年台後半のアスベストに関する規制により、大量のアスベストを長期間吸ってしまう機会は減少したため新たな石綿肺の発症はなくなりつつあります。

石綿肺の治療方法は、下記のとおりです。

  • 咳や痰に対する鎮咳剤や去痰剤を使用した薬物療法
  • 慢性呼吸不全に対して在宅酸素療法(HOT)などの対症療法

肺がん

肺がん(原発性肺がん)は、気管支や肺胞を覆っている上皮に発生する悪性の腫瘍のことです。アスベストが肺がんを引き起こす原因はわかっていません。厚生労働省のホームページでは、石綿による肺がんの発生について下記のように記載されています。

“石綿が肺がんを起こすメカニズムはまだ十分に解明されていませんが、肺細胞に取り込まれた石綿繊維の主に物理的刺激により肺がんが発生するとされています。 ”
引用:厚生労働省

アスベストが原因で肺がんが発生する場合の潜伏期間は、15年〜40年です。
治療法は下記のとおりです。

  • 外科治療
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療

悪性中皮腫

悪性中皮腫は、肺を囲んでいる胸膜、肝臓や胃などを囲む腹膜、心臓や大血管を覆う心膜などにできる悪性の腫瘍です。潜伏期間は、40年〜50年と長い月日が経過してから発症します。

潜伏期間が20年以下であることは少なく、10年以下の発症例はありません。 悪性中皮腫の症状は、咳や胸の痛み・発熱などがあります。

悪性中皮腫の治療法は以下のとおりです。

  • 胸膜切除術などの外科手術
  • 化学療法など

アスベストを吸入する経路について

アスベストの繊維や粉塵にさらされることをアスベストに「ばく露」されると言います。ここでは、アスベストにばく露される経路について解説します。

職業性石綿ばく露

職業性のアスベストのばく露は、アスベストを吸入することが最も多い経路です。職業性石綿のばく露には、直接型と間接型があります。直接型は、アスベストの製品製造工場や断熱作業などで直接アスベストが含有する製品を扱うことでアスベストにばく露します。

間接型のばく露は、直接アスベストを扱うのではなくアスベストを取り扱う現場でばく露することを指します。

家庭内ばく露

アスベストのばく露には、家庭内でも起こることもあります。家庭内ばく露は、アスベストを扱う仕事をしている同居者の洗濯をした同居人やアスベストが入っていた空の袋で遊んだりして子どもがばく露することです。

アスベストを吸入してしまった場合

アスベストを吸入した可能性がある場合に確認するべきことを解説します。

人体に影響が出るアスベストの吸入量とは

アスベストをどれくらいの量を吸入するとアスベスト特有の疾病が発症するかはわかっていません。また、短い期間で濃度が低いアスベストのばく露とアスベスト特有の疾病が発症する関係性についてもはっきりとは解明されていません。

アスベストを吸入してしまった時の対応

アスベストを吸入してしまったり過去にアスベストにばく露されたかもしれないという人は、保健所、各都道府県産業保健総合支援センターまたは労災病院もしくはかかりつけ医に相談しましょう。

今現在、症状はないが過去にアスベストにばく露したかもしれないという人は、1年に1回は胸部のレントゲン撮影なども健康診断を受けるようにしましょう。

無料で定期診断が受けられる

過去にアスベストを取り扱う仕事をしていた人で、離職後に下記の症状が見られる場合は無料で定期診断を受けることができる健康管理手帳を発行することができます。

  • 両肺野にアスベストによる不整形陰影がある
    または
  • アスベストによる胸膜肥厚がある

健康管理手帳は、働いていた事業所がなくなっていても発行が可能です。発行手続きについては、お近くの都道府県労働局または労働基準監督署へ問い合わせてください。

まとめ

今回は、アスベストがなぜ有害とされているかについて解説しました。アスベストの繊維は非常に細く、空気中に浮遊しやすいです。浮遊したアスベストを体内へ吸入すると、アスベスト特有の疾病にかかる恐れがあります。

過去にアスベストに関わる仕事をしていた人の中で一定の診断を受けた人は、無料の定期診断を受けることができる健康管理手帳を発行することができます。 アスベストが含有される可能性がある建物を保有しているまたは住んでいる人はアスベストが人体に及ぼす危険性が心配でしょう。

建物の解体・改修する場合、法律に基づいた方法で行う必要があるので有資格者が所属している業者へ相談してみましょう。

アスベスト処理業者の選び方を解説近年、リフォーム詐欺や欠陥住宅の問題など住宅に関し、違法な悪徳業者が増えています。アスベスト処理業者も例外ではなく、経験のないにわか業者...

 

 

下記ページでは全国で対応してくれるおすすめ業者を紹介しております。

全国対応のオススメ業者

当サイトでは、アスベスト等のアドバイス・業者紹介等、各種アドバイス行っております。
ご気軽にお問合せください。







    会社名・団体名 必須

    お名前 必須

    ふりがな 必須

    メールアドレス 必須

    お電話番号 任意

    お住まいの地域 必須


    プライバシーポリシーに同意する